顧客に柔軟に合わせる事

Customize & Proposal

今後の日本は少子高齢化が進み、労働人口が少なくなります。もちろん我々SEの人口も少なくなると考えられます。
そうした中で、我々SEに求められる要素は、インテリジェンスなシステム構築の提案だと考えています。

多くの作業、仕事がコンピュータ(AI)に取って代わられようとしています。人間の労働を奪っているの?と言う疑問を持つかもしれません。
元来SEとはそういう職業なのです。
80年代90年代で多くの仕事がコンピュータに取って代わられてきました。この事がもう少し高次元でやってくることになります。

AI(ディープラーニング)の実現により多くの煩わしい作業から、人間が解放される事となります。人間は、よりインテリジェンスなより高度な仕事が求められるようになります。また、短時間で生産性を上げる事が出来るようになり、仕事以外の余暇を有意義に使えるようになると思います。

AI(ディープラーニング)は、そうした需要から注目を集めている技術であり、これからしばらくは、市場を騒がせる技術の1つだと考えています。
論文読解など非常に専門性も高く、高等な数式も頻発するため、多くの企業、エンジニアが手を付けては、挫折しているのも現状です。
我々コンピュータマインドも、ディープラーニングの将来性を感じ取り、いち早くから開発に従事しております。
数学を得意としているメンバーを中心に、「AIチーム」を構成しています。
AIエンジニアの割合はまだ、社員の1割程度の割合ですが、数年後にはこのチームを事業部化して、さらに専門性を高めようと考えています。またそれに対する投資も今後行っていきます。
さらには、アカデミック分野でも、大学や公的機関との連携もさらに加速していきます。

我々のディープラーニング開発の強みは、顧客に柔軟に合わせる事が出来るカスタマイズ力、提案力だと考えています。
数年後にはディープラーニング開発と言えば「コンピュータマインド」と言う存在になっていると思います。

常務取締役 萱沼 常人

技術ラインナップ

Technology Lineup

先端技術カタログダウンロード

先端技術カタログ.pdf PDFダウンロード

展示会ポスターダウンロード

GTC2019_CPP実装の高速な深層学習ライブラリ.pdf PDFダウンロード
AIEXPO2019_DeepEye_ディープラーニングモデル作成パッケージ.pdf PDFダウンロード
AIEXPO2019_TensorRTを用いたリアルタイムマルチ物体検出.pdf PDFダウンロード
AIEXPO2019_エッジディープラーニングソリューション.pdf PDFダウンロード
AIEXPO2019_スマートグラスとFPGAによる物体検知ソリューション.pdf PDFダウンロード
AIEXPO2019_FPGAを用いた外観検査向けエッジソリューション.pdf PDFダウンロード
AIEXPO2019_SLAMソリューション.pdf PDFダウンロード
AIEXPO2019_Aivia_人工知能による細胞画像解析.pdf PDFダウンロード
AIEXPO2019_笑顔認証エッジAIカメラ.pdf PDFダウンロード
AIEXPO2019_OCOS.pdf PDFダウンロード
AIEXPO2019_高速なネットワークへの自動変換.pdf PDFダウンロード
AIEXPO2019_データ解析事例.pdf PDFダウンロード
AIEXPO2019_GANによる訓練データのデータ拡張.pdf PDFダウンロード
AIEXPO2019_眼底検査装置への深層学習適用.pdf PDFダウンロード
AIEXPO2019_マインドストームを用いたデータ解析プロセス実践.pdf PDFダウンロード